CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2013-4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, and Yoichi Seki, "A General Metadata Schema Operation using Formula Expression", Proceedings of the Third International Conference on Advances in Information Mining and Management (IMMM2013, Nov.17-22, 2013, Lisbon, Portugal), pp.87-pp.90, IARIA XPS Press, 2013.

【Abstract】
―In data management, there is a situation where equivalent objects are managed in different management spaces. This often brings about a lack of data consistency, which can often decrease the efficiency of management work. We call it the data overlapping problem. We consider the attaching function by an equivalent relation in the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy to be quite effective to solve the problem. In this paper, we propose a metadata centralized space, a data centralized space, and their interconversion maps using Formula Expression. We then apply them to parts ledger management, where part data oftentimes becomes unexpectedly overlapped in metadata schema-centered management. These help users to arrange dynamic worlds from a data-centric viewpoint and prevent data overlap. In other words, if you utilize these functions in data management, you can reconstruct data spaces from different viewpoints.
【概要】
データマネジメントにおいて、同値オブジェクトが異なる管理領域で管理される状況がある、これはしばしばデータの一貫性を失わせる。我々はそれをオーバーラッピング問題と呼んでいる。この課題に対して、我々はセルラーモデルにおける同値関係による接着機能が極めて有効であると考える。この論文ではCDSによる、メタデータ中心空間、データ中心空間、相互変換写像を提案する。我々はそれらを、部品のメタデータが予期もせずオーバーラップするような部品伝票管理に適用する。これにより、ユーザーは動的な世界をデータ中心の視点から再構成し、データオーバーラップを回避することができる。他の言い方をすればもしユーザーがこれらの機能を利用すればデータ空間を異なる視点から再構築することができるということである。
論文ページ