CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2013-3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "An example of the attaching function to solve data overlap problems", Proceedings of the 2013 International Conference on Cyberworlds 2013 (CW2013, Oct.21-23, 2013, Keio University, Yokohama, Japan), pp.376, IEEE Computer Society Press, 2013.

【Abstract】
Information worlds are constantly developing in cloud. In data management, the overlapping of data often brings about a lack of data consistency. We consider the attaching function by an equivalent relation in the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy to be quite effective to solve the data overlap problem. In this paper, we design a metadata centralized space, a data centralized space, and their Interco version maps using Formula Expression. We then apply them to file data management, where data oftentimes becomes unexpectedly overlapped in metadata schema-centered management. These help users to arrange dynamic worlds from a data-centric viewpoint.
【概要】
情報世界は常にクラウド上で発展している。データマネジメントにおいては、データの重複がしばしばデータの一貫性欠如の問題をもたらす。この課題に対して、我々はセルラーモデルにおける同値関係による接着機能が極めて有効であると考える。この論文では、メタデータ中心空間、データ中心空間、それらの相互変換写像を設計した。その機能を、メタデータによるスキーマ設計を中心にした管理ではデータがしばしば予測無く重複する問題が発生しているファイルデータ管理に適用する事例を示した。これらは動的な世界をデータ中心の視点に再構成できることを示すものである。
論文ページ