CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2013-2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, and Yoichi Seki, "Development of a Root Calculation System using Geometrical Data Design of the CDS", Proceedings of 2013 International Conference on Technological Advances in Electrical, Electronics and Computer Engineering (TAEECE2013, May 9-11, 2013, Konya, Turkey), sdiwc digital library, 2013.

【Abstract】
Recently cyberworlds in cloud space are getting increasingly more complex, and functions in cloud system are complexly intertwined. Accordingly, we have developed a novel data processing system called the Cellular Data System (CDS), using the powerful mathematical background of Incrementally Modular Abstraction Hierarchy, to model the dynamically changing cyberworlds in cloud, and have also designed geometrical data in the CDS in the presentation level. In this paper, we improve the design, and apply it to develop the core logic of a route calculation system, which calculates the total time and distance of a route from its starting point to its ending point, using the geometrical design function of CDS. While route calculation systems are used in most traffic industries, but are oftentimes costly due to their complexity, we show through some examples how the development of the core logic can be simplified.
【概要】
近年クラウド上のサイバー世界はよりまして複雑になってきており、クラウド上の機能は複雑に絡み合っている。したがって、我々は、そのような動的に変化するサイバー世界、また表現レベル上の幾何学データを含め、をモデリングするため、IMAHに数学的バックグラウンドにおいたセルラーデータシステムと呼ばれる斬新なデータ処理システムを開発した。この論文では、幾何適用設計を改善し、ネットワーク上で出発点から終点までのトータル時間・コストを計算するルート検索機能をCDSを利用して開発した。ルート検索システムは多くの交通産業で使用されていて、多くの場合その複雑性のゆえにコストが高くなるが、我々はそのコアロジック開発がどのようにしてシンプルになるかを示す事例を示す。