CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2013-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, and Yoichi Seki, "Examples of Business Flow Management using the Cellular Data System", Proceedings of 2013 International Conference on Technological Advances in Electrical, Electronics and Computer Engineering (TAEECE2013, May 9-11, 2013, Konya, Turkey), pp.250-pp.255, IEEE region8, IEEEXplore, 2013.

【Abstract】
In recent years, diverse and dynamic characteristics of cloud computing on devices such as smart phones or tables have been shown to be supported by the cyberworlds modeling methodology of the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy (IMAH), and we have developed a novel data processing called the Cellular Data System (CDS), using the powerful mathematical background of IMAH, to model the dynamically changing cyberworlds. In this contribution, we define a Conditional Branch Formula to realize general business flow in CDS and implement it. Thereby, the benefits of Formula Expression, such as the integration of equivalent business or the separation of inequivalent business according to requirements, can be enjoyed in business flow management. We apply CDS to develop the core logic of an approval system as a case of business flow management, from draft to approval, and show its flexibility to changes in the flow corresponding to individual conditions or organizational integration, without being restricted by the original flow design. Approval systems are used in most organizations, but are sometimes costly due to their complexity.
【概要】
近年、スマートフォンやテーブルのようなクラウドコンピューティングの多様で動的な性格のデータは、IMAHというサイバー世界のおける新しい方法論によりサポートされうることがわかってきた。その動的なサイバー世界を射影するためにそのIMAHを強力な数学的バックグラウンドとして式表現という有限オートマトンを利用してセルラーデータシステムとして実装した。この寄稿では、業務フローをモデリングするために条件分岐式の機能を設計しCDSに導入した。それによって、業務フローマネジメントにおいて同値業務の統合、もしくは非同値業務の分割のよう処理をモデル上で行うことが可能になった。我々はそのCDSの機能を、起案から最終承認までの稟議承認APのコアロジックの開発に適用し、始めの業務フロー設計に縛られること無く、その個別条件や組織統合等に関するフローにおける変化に柔軟に対応できることを示した。稟議承認APはほとんどの組織で利用されているがしばしばその複雑性のゆえにコストが高くなっているのが現実である。
論文ページ