CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2012-3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "An Example of a Business Application using the Search Function of the Cellular Data System", Proceedings of the 2012 International Conference on Cyberworlds 2012 (CW2012, Sept.25-27, 2012, Darmstadt, Germany), pp.171-pp.177, IEEE Computer Society Press, 2012.

【Abstract】
In the era of cloud computing, data is processed in a "Cloud", and data and its dependencies between systems or functions progress and change constantly within the cloud, as a user's requirements change. Such information worlds are called cyber worlds. We need a more powerful mathematical background which can model the cyber worlds in the "cloud" as they are. We consider the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy (IMAH) to be appropriate for modeling the dynamically changing cyber worlds by descending from the most abstract homotopy level to the most specific view level, while preserving invariants. We have developed a data processing system called the Cellular Data System (CDS) based on IMAH. In this paper, we introduce numerical value identifier processing into condition formula processing, which is the main search function of CDS, as an applied function on the presentation level of IMAH. This function is effective in business application development because subsets, including numerical values from formulas, can be taken out and be calculated by the map. We show its effectiveness through examples of a calculation system for a Bill of Materials (BOM), solving the difficulty arising from the changes of component configration and inconsistent spelling of parts.
【概要】
クラウドコンピューティングの時代にはデータはクラウド上で処理され、システム間また機能間の依存関係はユーザー要求が変化する度に、日々進化し、クラウドとともに変化している。そのような情報世界をサイバー世界と呼ぶ。我々はそのクラウド上のサイバー世界をそのまま射影できる堅固な数学的バックグラウンドを必要としている。そして、我々はインクリメンタリモジュラーな抽象階層が、最も抽象的なホモトピーレベルから最も制限のあるビューレベルまで柔軟に行き来しながら空間を表現できるので、それに最適であると考えている。そのIMAHに基いてセルラーデータシステムを開発した。この論文では、CDSに新たに、条件式処理における数値因子の取り扱いができる機能を応用機能として導入した。この機能は、表現レベルの応用関数として、対象式から数値因子を含めた部分集合が取り出すことができ、写像によって計算できるので、ビジネスアプリケーション開発にとても有効である。またBOM処理システムで、コンポーネント構成や部品の表記の揺れから生じる諸課題を解決する例を通じて、その機能の有効性を示した。
論文ページ