CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2012-2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "A Geometrical Data Application of the Cellular Data System", Proceedings of the 2012 International Conference on Cyberworlds 2012 (CW2012, Sept.25-27, 2012, Darmstadt, Germany), pp.1-pp.6, IEEE Computer Society Press, 2012.

【Abstract】
In this "cloud" computing era, various kinds of values are being created in cyber worlds at every moment, causing the worlds to become increasing complex and making it difficult for us to recognize the whole. Consequently, we need a more powerful mathematical background that can accurately model the cyber worlds in the "cloud" as they are. We consider the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy to be appropriate for modeling the dynamically changing cyber worlds by descending from the most abstract homotopy level to the most specific view level, while preserving invariants. We have developed a data processing system called the Cellular Data System based on IMAH. In this paper, we introduce basic geometrical design into CDS, and apply CDS to develop the core logic of a route search system, used in most traffic industries but costly due to its complexity, to verify its effectiveness.
【概要】
クラウドコンピューティング時代に、様々な種類の価値が瞬間瞬間サイバー世界に創造されているが、それがその世界の複雑性を増していて、世界全体の認識を困難にしている。結果として、その世界をそのまま表現する数学的な強固なバックグラウンドが必要とされている。我々はその動的に変化する世界をモデリングに、最も抽象的なレベルであるホモトピーレベルから最も特的的なレベルであるビューレベルまでを表現するIMAHが最適であると考えている。そのIMAHに基いて、セルラーデータシステム(CDS)を開発した。この論文では、基礎的な幾何設計をCDSに導入し、それを、殆どの交通業界に使用されその複雑性故に開発コストが大きいルートサーチシステムのコアロジック開発に適用して、その有効性を検証した。
論文ページ