CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2011-4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "An Example of a Charge Calculation System using the Numerical Value and Exponential Calculation of the Cellular Data System", Proceedings of the 2011 International Conference on Cyberworlds 2011 (CW2011, Oct.4-6, 2011, Banff, Alberta, Canada), pp.31-pp.37, IEEE Computer Society Press, 2011.

【Abstract】
In the era of cloud computing, data is processed in a "Cloud", and data and its dependencies between systems or functions progress and change constantly within the cloud, as a user's requirements change. Such information worlds are called cyber worlds. We need a more powerful mathematical background which can model the cyber worlds in the "cloud"as they are. We consider the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy (IMAH) to be appropriate for modeling the dynamically changing cyber worlds by descending from the most abstract homotopy level to the most specific view level, while preserving invariants. We have developed a data processing system called the Cellular Data System (CDS) based on IMAH. In this paper, we introduce numerical value calculation, exponential calculation and the processing maps on the presentation level of IMAH into CDS. This function is quite effective in business application development because numerical values and exponential identifiers can be put into formulas and be calculated. We show its effectiveness through examples of core processing of a cellular phone charge calculation system using numerical value and exponential calculations.
【概要】
クラウドコンピューティング時代に、様々な種類の価値が瞬間瞬間サイバー世界に創造されているが、それがその世界の複雑性を増していて、世界全体の認識を困難にしている。結果として、その世界をそのまま表現する数学的な強固なバックグラウンドが必要とされている。我々はその動的に変化する世界をモデリングに、最も抽象的なレベルであるホモトピーレベルから最も特的的なレベルであるビューレベルまでを表現するIMAHが最適であると考えている。そのIMAHに基いて、セルラーデータシステム(CDS)を開発した。この論文では、CDSの表現レベル上の応用関数として連続量因子、指数識別子とその写像を開発し、CDSに導入した。これらの因子は直接、式に埋め込むことができるので大変有用である。また、携帯電話課金処理にその機能を使用する例を取り上げることでその有用性を検証した。
論文ページ