CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2010-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "An Example of a Tracking Function Using the Cellular Data System", Proceedings of the 4th WSEAS Int. Conf. on ARTIFICIAL INTELLIGENCE, KNOWLEDGE ENGINEERING and DATA BASES (AIKED 2010, February 20-22 2010, Murray Edwards College, Cambridge University, UK) and also WSEAS Journals, pp.372-pp.377 ,Wseas Press, 2010.

【Abstract】
In the era of cloud computing, where data and data dependencies constantly change, a mechanism within system development that can correspond to those changes in user requirements is needed. The Incrementally Modular Abstraction Hierarchy (IMAH) offers the most appropriate mathematical background to model dynamically changing information worlds by descending from the abstract level to the specific, while preserving invariants. In this paper, we have applied the Cellular Data System (CDS), based on IMAH, to the development of core logic for a budget tracking function, and verified that using CDS makes the data modeling simpler
【概要】
クラウドコンピューティングでは、データとデータの依存関係が常に変化し、ユーザー要求における変化に対応できるシステム開発のメカニズムが必要とされている。我々はインクリメンタリモジュラーな抽象階層(IMAH)が、不変量を保存しながら最も抽象的なホモトピーレベルから最も特的的なビューレベルまで柔軟に行き来しながら空間を表現できるので、そのサイバー世界のモデリングに最適であると考えている。この論文では、IMAHに基づいて開発したセルラーデータシステム(CDS)を予算トラッキング管理機能のコアロジックの開発に適用し、データモデリングがよりシンプルになることを検証した。
論文ページ