CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2009-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "THE AUTOMATIC ATTACHING FUNCTION OF THE CELLULAR DATA SYSTEM", Proceedings of the 18th IASTED International Conference on Applied Simulation and Modeling (ASM2009, August 7-9, 2009, Palma de Mallorca, Spain), CD Proceedings, ACTA PRESS, 2009.

【Abstract】
In designing dynamic situations such as cyberworlds, we consider the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy (IMAH) to be the most appropriate among existing data models. It can model both cyberworlds and real worlds by descending from the most abstract homotopy level to the most specific view level while retaining invariants such as topological equivalence. We have developed a data processing system based on IMAH called the Cellular Data System (CDS), and in this paper we have newly added to CDS an automatic attaching function defined on the adjunction space level. The function helps a user to search for the data he/she wants from data storage attaching spaces automatically. Additionally, we gave an example of personnel resource management to verify the effectiveness of the function.
【概要】
サイバー世界のような動的状況を設計するには、IMAHが最適である考えられる。それは、トポロジー同値のような不変量を保持しながら最も抽象的なレベルであるホモトピーレベルから最も特的的なレベルであるビューレベルまでを表現するので、サイバー世界、リアル世界ともに射影可能である。このモデルに基づいたセルラーデータシステム(CDS)を開発したが、この論文では新たに、接着空間レベル上に自動接着機能を開発し、CDSに導入した。この機能はユーザーがデータストレージから自動で同値関係を探したいときに役に立つ。さらに、人的資源管理の例を取り上げ、その有効性を検証した。
論文ページ