CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2007-3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "Development of WWW Applications based on the Cellular Data System", Proceedings of the first International Symposium on Data, Privacy, and E-Commerce 2007 (1-3 Nov. 2007, Sichuan University, Chengdu, China), pp.56-pp.61, IEEE Computer Society Press, 2007.

【Abstract】
A cellular model based on the Incrementally Modular Abstraction Hierarchy (IMAH) is a novel model that can represent the architecture of and changes in cyberworlds, preserving invariants from a general level to a specific one. We have developed a data processing system called the Cellular Data System (CDS). In the development of business applications, you can prevent combinatorial explosion in the process of business design and testing by using CDS. In this paper, we have first designed and implemented wide-use algebra on the presentation level. Next, we have developed and verified the effectiveness of a general business application using CDS.
【概要】
インクリメンタリーモジュラーな抽象階層に基づいたセルラーモデルは、サイバー世界上のデータの構造とその変化を、汎用的なレベルから特定的なレベルのデータを不変量を保存しながら表現できる斬新なデータモデルである。我々はそのセルラーモデルの実装としてセルラーデータシステムを開発した。CDSを使用すれば業務AP開発において組合せ爆発を回避することができる。この論文では始めに表現レベルにおける代数系を定義をCDSに導入し、次にその有効性を業務AP開発の実例を通して検証した。
論文ページ