CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS

CDS関連学術論文 (2006-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toshio Kodama, Tosiyasu L. Kunii, and Yoichi Seki, "A New Method for Developing Business Applications: The Cellular Data System", Proceedings of Cyberworlds 2006 (28-30 Nov. 2006, EPFL, Lausanne, Switzerland), pp. 65-pp. 74, IEEE Computer Society Press, 2006.

【Abstract】
Currently, in the development of business applications, difficulties occasionally arise between the customer side and the supplier side, causing delays and higher development costs. To deal with this, we propose a new development method for business applications to validate them by invariant preservation based on equivalence relations. We have realized it by designing an algebraic expression called formula expression and applying the algebra to the design of each space in the cellular model. The system is called a cellular data system (CDS). It can become a common tool for both sides to make agreements efficiently in the future. Moreover, because you can manage data which has any form by using CDS, it is appropriate when dealing with data not only in business application development but in the cyberworld where no data manager exists
【概要】
現在、業務アプリケーション開発においてはカスタマーとサプライヤーの間で頻繁に開発遅延や開発コスト増大の問題が取り沙汰されている。この問題に対応するために、我々は不変量によって同値関係の対応を取るという、業務アプリケーション開発の新しい方法論を提案する。この方法論は式表現と呼ばれる代数表現を設計し、それをセル理論の各空間設計に応用することで実現された。このシステムをセルラーデータシステムと呼ばれる。これはカスタマー・サプライヤーの双方の合意を効率的に進める汎用ツールである。さらに、このシステムの利用によりどのような形式のデータも取り扱えることができ、業務アプリケーションのデータだけでなく、データ管理者が存在しないサイバー世界上のデータも同様に処理することができる。
論文ページ