CELLULAR DATA SYSTEM

お問合せ・サポート
Volume×Velocity×Variety=CDS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CDSとは

CDSの技術解説

現実世界のモデルを射影したデータモデル CDSを構成する4つの要素 CDSの特徴を示す代表的な処理

現実世界のモデルを射影したデータモデル

  • ホモトピーレベル
  • 集合論レベル
  • トポロジー空間レベル
  • 接着空間レベル
  • セル空間レベル
  • 表現レベル
  • ビューレベル
  • CDS
  • RDB
  • OODB,XML,JSON
  • Excel,Word
  • 画像/音声ファイル

図にあるように緩やかな情報表現から限定した情報表現まで、汎用的・包括的・連続的に表記することを実装したデータ処理手法がCDSです。その「Cellular Data System」の頭文字をとってCDSと名付けました。

CDSというキーワードは、ソフトウェアを開発するための一つのアプローチ、手法であると同時に、この手法を用いた開発を支援するためのソフトウェア製品の名称でもあります。本来であれば、手法や技術の名称とソフトウェア製品名は区別すべきかもしれませんが、両方ともCDSと呼んでいます。